児童家庭支援センターあすかは、児童福祉法で規定された児童福祉施設です。
当センターは、 「地域の児童に関する様々な問題について、家庭・地域住民その他からの相談に応じ、児童相談所、児童福祉施設、地域関係諸団体等との連絡調整を総合的に行い、地域の児童、家庭の福祉向上を図ること」を目的としています。

子ども・家庭・地域からの相談に応ずる事業

 子どもの行動や発達、家庭の中での気がかりなことで悩む保護者や、自分自身のことや学校のことで悩む児童などに対し相談・支援を行っていきます。来所、訪問、電話相談等、相談者に適した援助方法を考え、解決へ向けてのお手伝いをして行きます。心理検査、心理療法も応じて実施します。

-基本理念-
 『児童家庭支援センターあすか』は地域の子育て家庭支援の社会支援システムの構築を目指すものである。ソーシャルワーカーを中心に個別のケースに対し、関係機関・団体の力を終結して『システム』的に適切な援助をする。『システム』とは不可能を可能にするプロセスであり、「バーベキューの串」である。子育ての社会支援は、単独の期間・団体では役に立たない。『児童家庭支援センターあすか』(ソーシャルワーカー)が「バーベキューの串」として、それぞれの異なった機能を活かして、その役割を明確にし、地域に役立つ支援サービスを推進するための相談援助の専門機関としての役割を果たしていかなければならない。

 

児童相談所からの受託による指導
 奈良県中央こども家庭相談センター、高田こども家庭相談センターからの受託による指導を行います。
 

関係機関との連携・連絡調整
 児童や家庭に対する支援を、迅速にかつ的確に行うために、関係機関との連携・連絡調整をはかります。

 こども家庭相談センター(児童相談所)
 福祉事務所
 社会福祉協議会
 児童福祉施設(乳児院・児童養護施設など)
 民生・児童委員、主任児童委員
 家庭児童相談室
 公共職業安定所
 婦人相談所
 保健所
 保健センター
 保育所・地域子育て支援センター

 県精神保健福祉センター
 県心身障害者リハビリセンター
 青少年センター
 小・中学校・幼稚園
 医療機関(病院・診療所等)
 警察署
 家庭裁判所
 教育委員会
 教育研究所
 奈良県児童虐待防止ネットワーク「きずな」

※その他、児童に関わる関係機関
 
地域啓発事業の実施

  子育て講座の実施
  子育てサークルへの支援
  講演会などの実施
  地域団体との協力・協働
  広報

 
緊急一時保護
 相談の経過の中で、子どもの安全等で緊急に子どもを保護する必要がある場合に、こども家庭相談センターや児童養護施設等と連絡をとり対応します。



社会福祉法人 飛鳥学院
mail : asuka-ga@gaea.ocn.ne.jp